2013年02月13日

平成25年第1回定例会(来年度当初予算)

平成25年第1回定例会が告示されました。

平成25年度当初予算案が示され、一般会計当初予算額は630億(平成24年度は621億6千万)となっており、特別会計と合わせても948億6160万円(平成24年度は899億210万円)となり、浦安市政過去最大級の予算規模となっています。

歳入のうち市民税については、震災による影響の縮小及び良好な企業業績により4.3%増の199億7864万(個人市民税は154億8823万、法人市民税は37億3623万)、また、固定資産税は新築家屋に対する課税等により1.6%増を見込み、全体では前年度比3.2%増の389億6126万(平成24年度377億5124万)となっています。
その他たばこ税については、9920万増の10億2270万、入湯税が740万増の7940万、軽自動車税が34万増の5009万となっています。

一般会計歳出の主な増額費目については、
・分譲集合住宅共用部分ライフライン復旧工事補助金(9959万)
・当代島地区介護老人福祉施設広域型特養用地取得事業(4億9011万)
・港・鉄鋼通り接続道路整備事業(1億2600万)
・消防署仮称日の出出張所建設事業(1億4634万)
・小型動力ポンプ付水槽車購入費(5798万)
・東小学校屋内運動場建替事業(1億6748万)
・陸上競技場整備事業(1億1442万)
・幹線道路液状化対策事業(18億5105万)
・道路等復旧事業(11億9895万)
・市街地液状化対策事業(1億5000万)

主な減額費目については、
・被災者住宅等再建支援補助金(△4億1075万)
・堀江二丁目自治会集会所用地取得事業(△1億32万)
・児童手当支給事業(△5億2337万)
・富士見地区地域密着型介護老人福祉施設小規模特養用地取得事業(△3億1822万)
・東京ベイ・浦安市川医療センター整備事業補助金(△13億864万)
・舞浜地区海岸整備事業(△6000万)
・当代島地区旧県道整備事業(△4200万)
・仮称第9中学校(高洲中)建設事業(△8億4163万)
・総合公園多目的広場整備事業(△2億383万)
・地方債償還元金(△1億4539万)
・地方債償還利子(△4254万)
などとなっています。

当初予算案の概要によれば、平成24年度に引き続き、東日本大震災からの復旧・復興費用が多額になる一方、その他義務的経費や経常的経費が減少しているようです。
一方、特別会計については、前年度比41億1950万増の318億6160万となっており、国民健康保険が4億6500万3.8%増、公共下水道事業で29億3270万34.9%増、介護保険が7億3420万15.6%増となっており、下水道災害復旧費の増加、高齢化による自然増の影響等を受けているものと考えられます。

私は今回会派「みらい」(西川嘉純議員との2人会派)を代表して代表者質問を行いますが、会派の構成人数の関係でおそらく最後の質問者(現状の浦安市議会は6会派)となるものと思われます。
他の会派代表による質問で、問題点や注目点があらかたあぶりだされているものと思われますが、できうる限り会派としての方向性(地域振興や経済振興といった成長戦略)を踏まえた質問をぶつけていきたいと思います。
posted by たからあらた at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62344756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック