2012年03月11日

あの日から1年

久々の投稿となりました。

今日は忘れもしない、3月11日。

今日は家族と一緒に新浦安駅前で行われていた復興祈念イベントに赴きました。

さまざまな催しが行われて迎えた14:46、会場中が静まり、皆で黙とうを捧げました。

一分間の黙とう後、亡くなられた多くの方々、いまだ復興のめどが立たない東北のこと、自分自身が過ごしてきたこの一年のことなどを思ったとき、涙があふれてしまいました。

これまで、終戦記念日や原爆記念日など、自分なりに黙とうや祈りをささげてまいりましたが、今回の黙とうは、これを読まれている方のほとんどの方もそうであるように、自分自身が初めて実体験した震災の周年祈念であります。

これまでは先人の経験をお聞きし、それをできる限りわがことと置き換えて自分の中で歴史を整理してきました。

あれから一年、私には家族が一人増えました。

これからは、自分自身が経験したこの未曾有の大震災の経験や教訓を、子供やその先の世代に伝えていくことが使命であると強く感じています。
posted by たからあらた at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54396419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック