2007年02月21日

虐待

各メディアで大きく取り上げられ、すでに皆さんもご存知だと思われる富士見の介護施設での虐待疑惑事件。

ペット用のオリに…手錠も 千葉の介護施設
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=20070220M40.118&nd=20070220031300&sc=dn&dt=20070220
無届け施設と判明 厚生労働省実態把握へ
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=20070220E40.052&nd=20070220123000&sc=dn&dt=20070220
浦安市「手錠拘束は過去あった」 会見で認める
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=20070220E40.073&nd=20070220134300&sc=dn&dt=20070220
無届け全国625件 毎日新聞調査
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=20070221M40.139&nd=20070221030500&sc=dn&dt=new
虐待疑惑で立ち入り検査 千葉の介護施設
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=Kyodo_OT_CO2007022101000353&nd=20070221140511&sc=dn&dt=new

今回の件で見えてくることは、急増する需要に対して供給が追いつかず無届けの低サービスがまかり通っているということ。そして、それに対する行政の対応・管理も後追いでしかないという事実。無届けゆえ介護保険を使っていなかったとのことだったが、そのような施設でも利用者(介護者)にとってみれば、介護負担や金銭的なことで使わざるをえない深刻な状況があり、システムの不備がもたらしたものであると思われる。
日本の場合すぐにスウェーデンなどのように高福祉に変化していくことは難しいだろう。皆で皆を支えるという意識がもっと高まってこないことには、自分たちには関係ないという意識をもっと変えていかないことにはシステムを変えていくことは難しいだろう。

私は障害者福祉の現場で活動していた。
担当していた利用者が病院で身体拘束されている姿を見たこともあった。
「仕方ない」と思わなくてはいけない気持ちもある反面、なんともいえない申し訳なさを覚えたのを記憶している。

1番重要視しなくてはならないことは皆同じ人間であるということ。
認知症であろうとも障害者であろうとも動物ではない、人間であるということ。

サービスを提供する側に最も必要なのは当事者の思いを反映させることである。

posted by たからあらた at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3390980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

介護 認知症(痴呆症)
Excerpt: 痴呆とは、いったん得た知能が成人になってから脳の損傷、または疾患により、持続的に低下する状態をいいます。痴呆性高齢者には、脳血管性痴呆とアルツハイマー型痴呆がほとんどです。脳血管性痴呆は主に脳梗塞を繰..
Weblog: 介護の知識
Tracked: 2007-02-24 01:19