2018年03月16日

信号機サイクル変更

3月14日より、自宅の目の前の美浜西児童公園前交差点および今川橋西詰東詰交差点が歩車分離信号に変更されました。

IMG_20180315_144920.jpg
IMG_20180315_144704.jpg

施行2日前に看板が設置されるなど、かなり唐突感のある今回の変更ですが、市にも事前の通告はギリギリまでなされていなかったとのことです。

歩車分離になったことで車両の右左折時の歩行者との接触がなくなることが最大のメリットと感じられますが、恒常化していた若潮通りの渋滞の解消にもつながるものと期待はしています。
ただ一方で、懸念する点もあります。
歩行者と自転車が自動車信号待ちによりかなり滞留することになり、青信号切り替わり時に同時にスタートする際の接触事故の危険性も心配です。

昨日は両交差点に警察官が立ち、変更の呼びかけおよび斜め横断の禁止を呼び掛けていました。
現場確認しますと、歩車分離=スクランブル化したものと勘違いし、警察官の前でもななめ横断してしまう方も見受けられ、警察官のいなくなった夜間帯にあらためて同交差点に確認しにいってみますと、斜めに横断されている方が多数見受けられる状況でありました。
浦安警察署交通規制課に問い合わせますと、すぐにスクランブルに変更する予定はないものの、状況を見ながら適切に対応していきたいとのことでありました。

ちなみに美浜西児童公園前の交差点で歩行者信号の青時間の時間計測をしたところ、点滅までが約25秒、点滅から赤に変わるまでが約5秒の計約30秒でありました。
これまでは東西もしくは南北の信号を連続して横断することで交差点を通過できていた(合計すると数十秒から数分間かかるもののどちらかを待てば通過できた)のですが、これからは30秒間の内に一度に東西南北の歩行者信号を渡れなければ、2度東西南北の自動車信号を待たなければならず、高齢や足の不自由な方には不便さにつながりかねないと感じています。

私も当該地域の自治会役員ですので、今後の状況確認をしていきながら、必要に応じてスクランブル化の要望なりの対応を協議していきたいと思います。
posted by たからあらた at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182701504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック