2018年01月29日

浦安市実践型訓練

1月27日、浦安市実践型訓練(入船地区における帰宅困難者対応訓練)に近隣自治会として参加してきました。

IMG_20180127_095902.jpg
IMG_20180127_100936.jpg
IMG_20180127_103712.jpg
IMG_20180127_102215.jpg
IMG_20180127_105230.jpg

本市では、2011年の東日本大震災時に新浦安駅や舞浜駅を中心として多くの帰宅困難者が発生しました。
特に新浦安駅においては、駅員の誘導により、近隣の指定緊急避難場所である若潮公園へ多くの帰宅困難者の方々が詰めかけ、そこが飽和状態となると、最も近い指定避難場所である美浜南小学校に流れ着くという状況が生じて、近隣住民と帰宅困難者合わせて600名にも及ぶ人々が避難所である体育館に詰めかけるという事態となりました。
一方で入船など他の地域の避難所を見回ると、近隣住民の方の避難がほとんどで、スペース的には余裕もあるという状況でありました。
私自身も、発災当日の夜半から明け方にかけて、帰宅困難者の方の付き添いを行い、その対策の必要性を実感している一人でありましたので、これまでにも何度か議会で取り上げ、駅周辺での帰宅困難者対策が今回のような実践的な形で行われたことは大変有意義であると感じております。

一つ課題を呈するならば、当日は自治会連合会の表彰式及び新年会と同時刻開催となっていたため参加できなかった方もおられました。
自主防災組織を担っている多くの方々は自治会の方がほとんどですので、今後の開催に際しては配慮願いたいものです。
posted by たからあらた at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182268601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック