2015年02月14日

事前防災

 うらやすマンションふぉーらむ2015に参加してまいりました。
 目黒公郎東大教授の基調講演「災害イマジネーション力の重要性」拝聴後、災害イマジネーション力を高めるイメージトレーニング、『目黒巻』というグループワークに臨みました。
 発災前やその後の対応を、時系列毎に自身ができるだけ想像し、それを皆で共有し対応力の強化を図るというものでしたが、やはり一人より二人、二人より三人ということで、他の参加者の発言で気づかされる点もありました。
 以前に災害ボランティア議員連盟の研修会で体験したDIG(災害図上訓練)やHUG(避難所運営ゲーム)と同様、仮想体験することによりイメージトレーニングできるものでありますが、特に発災前にそれが予見できた場合という設定も用い事前防災を強調されていた点においては、以前危機管理展で聴講したタイムライン(事前防災計画)防災(防災システム研究所山村武彦氏)に通じるものがあり、防災対策のトレンドが事後から事前にシフトしていることをあらためて感じられました。
 おりしも本市の地域防災計画(震災編)の見直し作業がほぼ終わりを迎える中ではありますが、こういった事前防災の観点が踏襲されていることを期待します。

IMG_0353.JPGIMG_0354.JPG797.JPG827.JPG826.JPG829.JPG
posted by たからあらた at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113707765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック