2014年07月18日

浦安市における人口減少時代を考える

日本都市センター会館にて、都市経営セミナー「人口減少時代のまちづくりとファシリティマネジメントの展望」を受講してきました。
DSC_1401.JPG

実はその直前に同じ建物内で、昨今大きな社会問題化している脱法ドラッグなどをテーマとした、わが国の薬物対策の今とこれからというフォーラムも開催されており、予約はしておりませんでしたが、受講することができました。
foursquare_photo_tmp.jpg

ただ次のセミナーまでの短い時間だったので、プロローグ的な話しか聞けなかったものの、資料もいただき今後の課題として研究していきたいです。
そもそもグレーゾーンとは言いつつも、吸引することにより明らかに我を忘れてしまうような物質を、堂々と市中で販売出来ていることが大きな問題であり、早急に是正する必要があると考えております。
現状においては、違法成分が検出されるまではクロでないということであり、販売規制まで至らないということであるようですが、これだけの騒ぎをおこしている以上、そういった類の物の販売自体を包括的に規制する段階に至っているものと考えます。
今後は本市での販売状況などの確認も踏まえた上で、市議会での発議も含めて問題提起していきたいと思います。

本題に戻りますが、本日のテーマである「人口減少」ついて、実はわが市においては減少自体は緩やかな予測となってきています。
昨年3月推計の国立社会保障・人口問題研究所の予測データによると、2040年時点でのわが浦安市の人口は160,758人となっており、これは震災での人口減を考慮した上での数値(元データが2015年時点で157,697人という予測・現状6月末時点で162,867人)ですので、実際はもっと多い予測となっているものと考えられます。
そういった状況を鑑みた場合、人口減少自体はあまり考慮すべき点ではないのですが、その人口構成については慎重に確認していく必要性があります。
先日もうらやす情報に掲載したデータではありますが、浦安市の2010年時点の65歳以上人口は19,340人、それが30年後の2040年には41,089人となり、2.12倍、75歳以上に至っては実に2.8倍(6,981人→19,558人)となっています。
これこそが本市が問題視しなければならない課題であります。
今回のセミナーではファシリティマネジメントについても述べられておりましたが、本市のような都市部自治体においては、人口が少なくなったから単に既存施設の統廃合を行うというものではなく、その人口構成に見合った改廃、また、今後の人口構成を見越した施設整備が必要であると考えます。
DSC_1403.JPG
DSC_1406.JPG
DSC_1404.JPG
DSC_1407.JPG
posted by たからあらた at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101793818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック